f0320780_13535133.jpg




毎度変わり映えはしないけれど

我が家の夏の風物詩

今夜はお客様と一緒に
バルコニーでバーベキュー


普段は女性客しか来ない我が家も
夏休みとなると客人はほぼ男性
しかも若い男の子たちね(笑)
そして今回はお泊まりつき


以前は客人があることになると
片づけから始まって掃除食事の支度など
それこそ大がつく騒動

見送った後はバタンキューという
恒例パターン

そんなわけで
楽しいはずの時間もあまり楽しめず(泣)



f0320780_13541240.jpg



それが今は嘘偽りなく心からのウエルカム

理由は三つ

片づけシステムができたので
準備は掃除だけで済むこと

そして
モノのありかをわかりやすく決めたので
お客さん自身にも手伝ってもらえること

あとは
おもてなしパターンを
大体決めてしまうことにより
無理をしなくなったこと

夏はキンキンに冷えたビールと
美味しいお肉があればもうそれだけで十分
あとは火さえタイミングよく起こせば
準備完了

簡単調理ならサイドテーブルで
飲んだり食べたりしながら
みんなでやったりして
ホストも十分一緒に楽しめる



f0320780_13544508.jpg



使うのはご覧のようにキャンプ用テーブル

ここも無理は禁物



f0320780_13542512.jpg


だって
クロスかけたら簡単にいい雰囲気に変身

おおお いいっすねぇ
じゃあ音楽もかけましょう
と若者達は雰囲気盛り上げるのがとても上手



f0320780_13543774.jpg



最後のしめは焼きおにぎりというリクエスト

話に花が咲き
すっかり火が弱まってしまったので
バーナーで焼き色つけ熱々を頬張る美味

ご馳走なんてそんなに頑張らなくても十分

こうして更けてゆく晩夏の夜
楽しい時間をどうもありがとう

子供達の成長につれ
当然のことながら
客人の顔ぶれも大人になってゆく

若い男の子たちに囲まれ
ビールを注いでもらう

いやーこれ 男の子ママの醍醐味
今まで頑張ってきて
ホントよかったよかった(笑)

一時もじっとしていない
怪獣を育てているママたちへ
10年後のパラダイスを夢見て頑張ってね(笑)


付け足し
宿泊客がある時の片づけのおまけの効用

とにかくストレスゼロ

何故って
そこは開けないでね〜
とヒヤヒヤしなくてはならない
開かずの間がないのでね(苦笑)


夏も終わりに近づきつつあります
みなさんもどうぞ楽しい思い出を




インスタグラムでは
心に残るシーンや
お花やお料理
ファッション写真も載せてます
覗いてみてくださいね♥

フォローもお気軽にどうそ

Instagram

ついでにこちらもポチッとお願いします

にほんブログ村
いつもクリックどうもありがとう♥





by welcomehome0929 | 2016-08-29 12:16 | life | Trackback | Comments(0)

f0320780_14503004.jpg




「写真を撮っていてよかった」シリーズ

第二弾

本日のはよくありがちなやつですが
やはり写真が撮れるようになると
それまでもらいっ放しで
何のお返しもできずにいた
こんな子供達の写真を撮る場面でも
よしきたっと腕まくりして
一肌脱いだりできちゃうこと

こっちに目線よろしく〜と構えるカメラ
まぁこんなに大人数の男の子たちから
一斉に見つめられることなど
この先皆無だろうから(爆笑)

「写真を撮っていてよかった」
・・・なのである

理由が不純?
いやいや 役得役得(苦笑)

そういえば昔書いたこんな記事
「オリジナル封筒作製中」

あの時とは違う子供ですよ
ははは
だから子だくさんなんだってば(笑)


そして
写真を撮る者として何よりもの望みは
これらの写真が
ただの記念写真ではなく
人と人とを繋ぐ
コミュニケーションツールとなり
何らかの役に立ってくれること

だからプリントするサイズや紙質には
少々こだわり

大きすぎず小さすぎず
そのままフォトフレームに入れられるような
ポストカード大

そして
指紋がついてしまわないかと
気にしなくてもいいマット紙

親と親
子と子
そして親と子

一枚の写真から楽しい会話が
ひとつでも多く生まれますように
・・・



f0320780_14503868.jpg



懐かしの学び舎の一枚もおまけに

こんな風に額装して
我が家ではちょっとしたインテリアに

「写真を撮っていてよかった」
・・・なのである

写真を介して昔話に花が咲いた後は
どうぞ読みかけの本のしおりにでも


インスタグラムでは
心に残るシーンや
お花やお料理
ファッション写真も載せてます
覗いてみてくださいね♥

フォローもお気軽にどうそ

Instagram

ついでにこちらもポチッとお願いします

にほんブログ村
いつもクリックどうもありがとう♥




by welcomehome0929 | 2016-08-27 06:57 | photo | Trackback | Comments(0)

f0320780_14502156.jpg




こう毎日暑くては
写真を撮る余裕がなく
ブログの更新も停滞中(汗)

けれども
写真を撮っていて本当によかった
と思う出来事は
幸せなことに結構な頻度

そんな
「写真を撮っていてよかった」シリーズ
よろしければお付き合いを

まずは第一弾

これは
何の仕事をしていても同じかもしれないが
関わった人からの
心のこもったお礼のメールやお手紙ほど
嬉しいものはないかもしれない

写真撮影とフォトブック制作がご縁で
お知り合いになった
チェコ在住の若手ヴァイオリニスト

彼女との馴れ初めはこちらから

そしてこんなフォトブックが完成


先日帰国時に開催されたコンサート

8か月ぶりに会う彼女の演奏は
大人っぽく素敵に成長していて
さなぎが蝶に変身するその過程を
じっくり観察させてもらっているような
まさにそんな感動

これこそ日々の鍛錬の賜物

そして
姿や顔つきもどんどん大人に
今まさに花の盛りの美しさ

これから世界で活躍するであろう
彼女と繋がれたのは
他でもない
写真を撮っていたからであって
「写真を撮っていてよかった」
・・・なのである

そして
そのお礼のお葉書のそのまたお礼には
撮りためておいた写真を
すぐさまポストカードにプリントアウト
気の利いたレターセットを探さなくても
心を込めたサンキューカードのできあがり

ここも
「写真を撮っていてよかった」
・・・なのである


たゆまぬ努力の成果をまた見せたい
と綴られた彼女の意気込み

けっして恥じることない努力を
ワタシ自身も積み重ねていかないとね
老化進行に負けずに
・・・ううう そこ結構辛いけど(苦笑)

余談ですが
終演後に一緒に記念に撮ってもらった写真は
もう どんだけえ~
というほどの引き立て役に徹しておりまして
写真の恐ろしさを知る羽目に

ああ 
やっぱり写真は撮る側がよろしい(苦笑)

Saayaちゃん
次回の帰国を楽しみにお待ちしています


インスタグラムでは
心に残るシーンや
お花やお料理
ファッション写真も載せてます
覗いてみてくださいね♥

フォローもお気軽にどうそ

Instagram

ついでにこちらもポチッとお願いします

にほんブログ村
いつもクリックどうもありがとう♥














by welcomehome0929 | 2016-08-26 16:03 | photo | Trackback | Comments(2)

f0320780_17464372.jpg



毎日暑くて暑くて
台所に立つのもなるべく短時間におさめたい
今日この頃

簡単に栄養補給したい時は
やっぱりスムージー

ただ我が家の場合
家族の人数が少なくなり
一人分だけちょっと作りたいのよね
ということが増えた

けれども
大きなジューサーで一杯分は
後片づけや洗いものが面倒

そこで
最近母が購入して
あまりに便利そうなので真似してみた
ハンディ―ブレンダ―



f0320780_17470590.jpg




色々ちぎって入れてフタをして
逆さまにして本体にセット


f0320780_17465344.jpg



なんたってハンディーサイズの手軽さ

上からプッシュすれば
あっという間に一杯分の
スムージーのできあがり

フタを外せば
コップ代わりにしてそのまま飲めちゃう

洗いものもコップひとつのみ

この扱いの楽さなら
ものぐさなワタシなんかでも
毎日続けられそう

ドレッシング作りにもきっといいね


まだまだ暑さが続きそうです
栄養補給を忘れずに
みなさま元気に乗り切りましょうね

【参考】

ビタントニオ
MY BOTTLE BLENDER



インスタグラムでは
心に残るシーンや
お花やお料理
ファッション写真も載せてます
覗いてみてくださいね♥

フォローもお気軽にどうそ

Instagram

ついでにこちらもポチッとお願いします

にほんブログ村
いつもクリックどうもありがとう♥









by welcomehome0929 | 2016-08-19 10:49 | cooking | Trackback | Comments(0)

青春の杯

f0320780_17071682.jpg



高校を卒業してから
きりの良い年数の経つ今年

先日懐かしい顔ぶれの揃う同期会に参加

こういう時には普通
一ヶ月前から当日に照準を当て
ダイエットとかパックなんかに
精を出したりするもんだが(笑)

ワタシの場合
ホント成功した試しがなく・・・(汗)

その上
ちょうどお盆にあったりするもんだから
お墓参り後の集合だったりして
もうメイクなんかしてもしなくても大差なく

ははは~はい
今回も妄想は妄想で終了いたしました(苦笑)


でも
久しぶりの抱擁や握手の後は
もー全然変わらないね~
と言い合う不思議(爆笑)

同窓会あるあるですねぇ

制服姿の青春時代から
もう何十年も経っているのだから
まさか変わらないなんて
あり得ないんですけど(笑)

みなそれぞれにあれからの年輪を刻み
あちこちにそれは表れているはずなのだが

ありがたいことに
同時に目も怪しくなっているようで(笑)
その年月の証は
お互いにきっとよく見えていない

しかしこういう場所では
みんな揃ってあっという間に
完全に高校時代にタイムワープ

他愛のない昔話に笑い転げる
なりきり女子高生

これって一体
どういう脳の仕組みなんだろう(苦笑)

ワタシ自身はすっかり忘れていた
あの頃の記憶が蘇り

ワタシ自身は全く知らなかった
あの頃の真実を知らされる

ええ~そうだったの?
早くそれ知りたかったわあ(苦笑)


子育てが一段落ついたら
いつかはきっと会えると思っていても
いつの間にか
もう二度と会えなくなってしまっている友も
・・・
青春時代だけでなく
人生はきっと儚い

あの頃どれ位一生懸命生きていただろう
やり残したことばかりが思い出される
楽しくも切ない懐かしの日々

これから先
残された時間が果たしてどれくらいなのか
意識することもなく
日々あくせく生きているけれど

頑張って
一生懸命生きていこうね

また5年後の節目の再会を目標に

そして
もおー変わらないね~
と抱き合おうね

大丈夫
その頃には更に怪しくなった目が
シワも白髪も
ぜーんぶなかったことにしてくれるから(笑)

あたらめて
同級生っていいね

そんな
今年の夏のかけがえのない思い出


幹事のみなさんのご尽力とお心遣いに
心からの感謝
本当に本当にどうもありがとう



インスタグラムでは
心に残るシーンや
お花やお料理
ファッション写真も載せてます
覗いてみてくださいね♥

フォローもお気軽にどうそ

Instagram

ついでにこちらもポチッとお願いします

にほんブログ村
いつもクリックどうもありがとう♥












by welcomehome0929 | 2016-08-18 17:21 | life | Trackback | Comments(0)

f0320780_10470092.jpg





ここ1.2年上京する機会が多いのだが

東京のいいところは
美術館がたくさんあって
常に多くの感性に触れられるところ

だから
東京観光に美術館を組み込む人はとても多い

残念なことに
ただの観光で上京しているわけではないので
なかなか時間が取れないのだが

今回はひとり夏休みを

思いっきり満喫することに




f0320780_10473828.jpg



都会の青空も美しいね


贅沢にも
ルノワールとガレのハシゴ



f0320780_10471951.jpg





国立新美術館

ここは展示物のみならず
この近未来的で壮大な

建築物を見学するだけでも
あっという間に時が過ぎてしまう

波打つ窓からは六本木の街並み




f0320780_10472892.jpg




円錐を逆にしたような円形のレストランは
SF映画にでも迷い込んだような
錯覚さえ起こさせる



f0320780_10480108.jpg





せっかくのひとり夏休みなので
まっ昼間ではありますが
贅沢にもひとり乾杯

あああ 幸せだ(笑)

名前は忘れちゃったけれど
ピーチのスパークリングワインね




f0320780_10470892.jpg





写真を撮るようになってから
絵画を見る目に大きな変化が起きた


今のワタシにとってのルノワールの魅力は
光の表現


作品を堪能した後は
太陽の日差しの方向がすっかり変わっており

空中レストランに映し出される光の影を
もう一度カメラに収めたくなる




f0320780_10474540.jpg




乃木坂駅に直結しているという便利さ

これからはフットワーク軽く
時間を見つけては足を運ぼう



f0320780_10475303.jpg



さてタイムリミットまでガンガンいこう


東京ミッドタウンのサントリー美術館へ



f0320780_16515352.jpg



もちろん館内は撮影できませんので
お土産のポストカードで
ガレの世界を少しだけ


本物を自分の目で見る
というのはもちろんなのだが
作家のバックボーンや
人生における様々な変化が
作品に及ぼした影響を
じっくり追っていけるのが
美術館の醍醐味

ちなみに
ガレが植物学者でもあったって
無知なワタクシ
今回初めて知るの巻(汗)


文字を読むより声で語りかけられた方が
作家のワールドに入り込みやすいワタシは
迷わず音声ガイドを耳に


この世は
まさに知識の泉

この年になっても
この世には知らないことだらけ

そのすべてを知ることは無理にしても
アンテナに引っかかった世界だけでも
知りたいものだ



f0320780_16520277.jpg



最後におまけのショット

美術館巡りのもうひとつのお楽しみは
ミュージアムショップでのお土産探し

ここにちゃんと時間を残しておかないと
後で激しく後悔しますから(苦笑)

今回も
あれこれ面白グッズを購入したのだが
一番のヒットは
海図のペーパーグッズ

これ
本物の海上保安庁の廃版海図を
再利用したもので
なかなかの味

封筒はまあありそうな感じだけど
ブックカバーはかなりのツボ
灯台のしおり付き

かなりそそられるでしょ?(笑)

読書好きな方へのちょっとしたギフトに
おひとついかが?



そんな束の間のひとり夏休みも終了

さあ
残りの夏は
オカン業に勤しむとしよう





インスタグラムでは
心に残るシーンや
お花やお料理
ファッション写真も載せてます
覗いてみてくださいね♥

フォローもお気軽にどうそ

Instagram

ついでにこちらもポチッとお願いします

にほんブログ村
いつもクリックどうもありがとう♥











by welcomehome0929 | 2016-08-09 18:16 | trip | Trackback | Comments(0)

SUMMER SHORT TRIP ~角島~

f0320780_22263539.jpg



「死ぬまでに行きたい世界の絶景」
という本があるが
できることならこれらをひとつひとつ制覇し
同じようにカメラに収められたら
・・・
そんな夢を描く人たちは
さぞかし大勢いることだろう


子供達の人数が多いと制約があるのが
実は旅

もちろん
人数分の先立つものも悩みのタネではあるが
揃ってスケジュールが空いてることなど
ほとんど無いに等しく(泣)

それでも昔は
小さなパスポートをそれぞれ握らせた
怪獣たちを強引に引き連れて
果敢にも国際線に乗り込んだりした

無謀とも思ったが
今では懐かしい思い出

ブラボー強行突破(笑)

子供達が
少し大きくなったらなったで
それさえ叶わなくなる

家族旅は
まさに期間限定のアクティビティーだ


さて我が家といえば
子供たちも一人ずつ巣立ち
残るは母よりも随分大きくなってしまった
怪獣一匹

これがまた球児ときているもので
夏休みといえども
まあほんとどこへも行けやしないのだが

昨日
部の合宿で1泊することになり
えええ~いっ、いっぱくですかあ
できることなら
もう少しお留守でも構わないのですが(泣)

せっかくの水入らずなので
どこか行こうかという話に

しかし翌日はお互いに予定あり
近場を思い巡らしたところ

誰がどのように決めている順位なのか
よくは知らないのだが
この絶景の上位に選ばれている場所が
実はそんなに遠くないところにあるのだ





f0320780_22280491.jpg




お隣の県
山口の角島

ここは
CMや映画TVドラマの撮影のロケ地としても
よく使われる
海の美しい離島

ここへかかるスーッと伸びた橋の美しさが
絶景ポイント




f0320780_22271693.jpg





ドラマ「HERO」ファンなら
おおお~
と記憶が蘇ってくるかもしれない



f0320780_22273575.jpg




この島
海水浴場以外に特に何もないのだが
島の先端にある灯台にはやはり足を伸ばそう




f0320780_22272592.jpg



ちなみに
地上29.6mから
日本海の風に吹かれるためには
105段の螺旋階段を
ひたすら上らねばなりませぬ

これ結構ハードですので
どうぞ無理せずゆっくりと



f0320780_22270512.jpg




でもこの暑さの中での苦行を終えると
そこに広がるのは
一面エメラルドの世界

海風が心地よく
一瞬酷暑を忘れるひととき

実はここを訪れるのは2度目

以前来た時は今は亡き父も一緒だった


10年以上前の

懐かしい思い出を辿りながら

旅というものは

時をおいて同じ場所を訪れることにより

思い出に触れる醍醐味もあると

思ったりする


そして

ひとり旅もいいものだが

一緒に旅した思い出を

シェアし合う相手がいる

幸せを感じたりする




f0320780_22281736.jpg



そして苦行のあとには
やはりご褒美ご褒美


本当は
露店のサザエのつぼ焼きとビールに
そそられて仕方なかったのだが(笑)


ここは写真撮影仕様にと
ちょいと気取って
絶景が望める高台にある
イタリアンにて




f0320780_22282455.jpg






ワタクシ的
本日のベストショット(苦笑)




f0320780_22275377.jpg




子供たちが全員巣立った後
制覇は到底無理にしても
ひとつでも多く

訪ね歩いてみたいもんだね
・・・
おーっとそれには
先立つものと
何より健康健康(笑)

貯蓄倍増計画と
メタボ対策を練りながら
夢見る老夫婦予備軍の二人なのだった(苦笑)

夏休み真っ只中

オリンピックも気になりますが

どうぞご家族と思い出に残る旅を


インスタグラムでは
心に残るシーンや
お花やお料理
ファッション写真も載せてます
覗いてみてくださいね♥

フォローもお気軽にどうそ

Instagram

ついでにこちらもポチッとお願いします

にほんブログ村
いつもクリックどうもありがとう♥







by welcomehome0929 | 2016-08-07 12:11 | trip | Trackback | Comments(0)


f0320780_13091844.jpg



昨日
リクエストにお応えして
インテリア写真の撮影会を開催

会場は贅沢にも
住宅展示場のモデルルームを貸し切り

なんでそんなことが?

リクエストをいただいたカメラ女子たちは
住宅メーカーにお勤め
・・・つまり職場ね
なんたるラッキー(笑)


ご自分の趣味としてだけでなく
お仕事にも活用したいのだという
彼女たちのご要望

まずは
インテリア写真のコツについてのレクチャー

そして
さあいざ出陣
実践撮影のはじまりはじまり


そしていきなりだが昨日の成果がこれ

まだカメラを初めて間もないとは思えない
素晴らしい出来栄えの数々
さすが住まいのプロだ

実は
一番気になる場所を重点的に撮ってみよう
ということで
それぞれが思い思いの被写体と
向き合ったのだが

ある方にとっての住まいの象徴は
リビング

もうお一人はダイニング

さらに
こだわりのインテリアにフォーカスする方も

面白いことにちょっとずつ違うのだ



f0320780_13120840.jpg



ではワタシは?といえば
・・・
やはりキッチンから離れられない(苦笑)

それでは
リビングとダイニングは
みなさんにお任せするとして
恥ずかしながら
ワタシの心の眼で切り取ったギャラリーを


使いやすそうなキッチンを通り抜けると
・・・
そこは憧れの食品収納庫

これでどんなご馳走もいつでもできそうだ



f0320780_13122310.jpg





キッチン収納の奥には
これまた憧れの家事用テーブル

こんな場所なら
億劫なアイロンがけも楽しくなりそうだ



f0320780_13093727.jpg




キッチンの次に気になるのは
やはり洗面所だろうか

こんな自然光あふれる場所なら
洗顔後のお肌もつるつるに見えるだろうし
メイクのし甲斐があるってもんだ



f0320780_13104069.jpg



そして
美容に欠かせないのが睡眠



f0320780_13102472.jpg




快眠を約束してくれそうな
大人シックなベッドルームにうっとり



f0320780_13112249.jpg





でもどうやら
ワタシの一番気になる被写体は
まだ他にあるようで
・・・
それは窓



f0320780_13115157.jpg





吹き抜けの天井から光が差し込む窓

ワタシにとっての
気持ちの良い住まいの象徴

でもいつも思うのだが
これどうやって窓ふきするんだろうね(苦笑)



f0320780_13100681.jpg



そして・・・照明


f0320780_13113509.jpg



そして階段
・・・
二階から一階への


f0320780_13105449.jpg



さらに三階から二階への


f0320780_13110862.jpg


渾身の一枚はポストカードにしお客様の元へ

なんて素敵なアイデア

素敵なカード欲しさに
思わず顧客に名乗りをあげてしまいそうだ

残念ながら家を新築する予定はないけどね(笑)


ご一緒させていただいたみなさま
みなさまのみならず
ワタシにとっても大変勉強になる
有意義な時間を過ごさせていただき
本当にありがとうございました


今回取り損ねた部屋やアングル
次回のリベンジに向けて
しっかり作戦を練りましょう

そう 次回も次々回もあるのだ
なんたるラッキー(笑)


こちらのインテリアが気になった方

そして羨ましいかな新築予定がおありの方
ぜひ下記の展示場へどうぞ

【撮影協力】
PanaHome
アスタ牛田住宅展示場
広島市中区牛田新町2-2-10-16



インスタグラムでは
心に残るシーンや
お花やお料理
ファッション写真も載せてます
覗いてみてくださいね♥

フォローもお気軽にどうそ

Instagram

ついでにこちらもポチッとお願いします

にほんブログ村
いつもクリックどうもありがとう♥











by welcomehome0929 | 2016-08-04 16:47 | photo | Trackback | Comments(0)


f0320780_17541462.jpg



本日は大変ご無沙汰の片づけネタ

そして初の試み

写真撮影はすべて
ワタクシではありません

もちろん片づけたのも
ワタクシではありません

本日は
我が息子からの
片づけビフォーアフター写真オンリー




f0320780_17540634.jpg



我が家の上三人の息子たちは
進学のため只今三人が同居中

三人が一緒に住むので
各々のスペースも十分ある住まい

しかし
同じお腹から生まれてきたはずなのに
子育てポリシーを
急に変更した覚えもないのに

各々の部屋の片づけ具合には
大層差がありまして(汗)

本日は
その乱れ具合半端ない子のお話




f0320780_17534576.jpg



どれぐらいすごいかって
コレくらい(爆笑)

先日訪れたとき
確かに試験中ではあったのだが
さすがにこれはないでしょ(汗)

どうしたらこうなるのか
ホント教えてほしい(苦笑)

開いた口も塞がらないこの乱れ具合

その塞がらない口から
小言を吐き出しそうになるのを
グッとこらえ

手っ取り早く
ササッと片づけてやろうかと
腕まくりをしそうになるのを
グッとこらえ

これ絶対
見応えのあるビフォーアフター写真になるよ
写メしてね

とこれ以上ない熱演で女優を演じる母(苦笑)

なんたってわが息子 21歳ですから



f0320780_17535850.jpg



そして送られてきたアフター写真

まさにすごい見応え(爆笑)



f0320780_16321544.jpg




片づけベタなのをわかっていながら
片づけについてのあれこれを
レクチャーすることなく
巣立たせてしまった後悔


さすがに21歳にもなる大人の部屋を
上京するたびにいちいち片づけるのは
どう考えてもおかしい

でもこのままでは
探し物にかかる無駄な時間を費やし
将来奥さんになる人に怒られてばっかりの
人生

あーあ
実は密かに悩みのタネだったのだ




f0320780_16320954.jpg




しかし何を思ったか
可愛いところはあるもんで
写真をずらずらずらっと送ってきたので

まずは褒めちぎってみた(笑)

そして
工夫した点について訊いてみた

・・・
あんまり使わないものは場所を決めて固めた

要らないものは徹底的に処分した
・・・

更に絶賛してみた(笑)

そうそう
使用頻度の高いものは取り出しやすい場所へ
そうでないものはそれなりの場所へ
そして
要不要の判断は定期的に

そういう仕組みを
少しずつでも作っていけばいいのだよ

週末また訪れる時には
きっとお小言ではない片づけ話ができるはず

もう小さな子供ではない
21歳の子供との付き合いも
なかなかにムズカシイ(苦笑)



f0320780_17542375.jpg



おまけのショット

大学生の試験勉強風景

またきみの勉強する姿を
激写することになろうとはね

しかも床で???(苦笑)
アブノーマルぶりは相変わらず健在

きみの成長は
温かい心と長い目で見守るとするよ
決して手出しはせずにね

なんたって21歳ですから(笑)




インスタグラムでは
心に残るシーンや
お花やお料理
ファッション写真も載せてます
覗いてみてくださいね♥

フォローもお気軽にどうそ

Instagram

ついでにこちらもポチッとお願いします

にほんブログ村
いつもクリックどうもありがとう♥











by welcomehome0929 | 2016-08-02 17:59 | storage | Trackback | Comments(0)
帰りたくなる・ほっと一息つける・仲良く集う そんな心地良い住まいと暮らしの提案をとっておきの写真とともに綴ります