カテゴリ:child book( 3 )

絵本が教えてくれること

f0320780_21221223.jpg




私たち大人にも
いろんな学びを与えてくれる絵本

はるか昔
我が子たちに読み聞かせた絵本の中でも
印象的で忘れられない物語

題名も表紙の絵も思い出せずにいたけれど
先日
我が家の絵本コレクションを収めた
本棚からついに発見


f0320780_09442973.jpg



この本の中の
面白い二つのお話

がらくたを家の外に出そう
今日こそ大掃除!!
・・・という新聞広告
人々はそれぞれ不用品を
家の外の通りに出し
ゴミ回収トラックの手配

ところが
自分のイラナイモノは
ほかの人のまさにサガシテイタモノ

みんな新たなお気に入りを見つけ
それぞれの自宅へ招き入れ
がらくたで溢れていた通りは
最後には何一つなくなったというオチ

なんとも小気味いい結末に
子供ならずとも
またもう一度手に取りたくなる


f0320780_09441857.jpg



そしてもう一編

古びて気に入らない家を売りに出し
新しい居心地の良い家を
手に入れようと決めた老夫婦が
買い手がつくように壁や塀を自ら塗り替え
花壇に花を植えて
手を加えていくうちに
その古い家こそが
理想の楽園だということに気づき
引っ越しを取りやめる
というストーリー

これもまた
爽やかな風が吹き抜ける様な心地よさ

二編とも
モノとの付き合い方を
あらためて考えさせてくれる

絵本ってつくづく奥深い


f0320780_21222143.jpg



モノは手を加えながら
長く大切に使おう
ペンキ塗り DIY 万歳!

そして必要がなくなったら
誰か必要としてくれる人に譲ろう
フリマ リサイクル 大賛成!

「ネズの木通りのがらくたさわぎ」
是非お手にとってみて

で その木製おもちゃはいったい何?
これは我が家のがらくた(苦笑)
でもどなたかに使っていただけるのであれば
大変嬉しかったりする(笑)


大人も学ぶ絵本
ワタシもあるわというあなた
是非ともポチッと
そしてご紹介くださいね
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
いつもクリックどうもありがとう❤










by welcomehome0929 | 2015-06-29 09:55 | child book | Trackback | Comments(0)

冬のお楽しみ


f0320780_09095693.jpg



朝起きるとそこは銀世界
しかし
雪山のゲレンデでならうっとりする雪も
日常生活ではちょっと困りもの

通勤通学の足は大きく乱れ
スタッドレスを履かない愛車は
何の役にも立たず
やきもき心配だけの一日(泣)

でも小さな子供たちにとっては
めったに味わえない
アミューズメントパーク

我が子たちも小さかった頃
雪が積もると朝から大騒ぎだった
体が冷えきり手がかじかむのも忘れ
雪だるまづくりに雪合戦
そしてまだ雪が降り続こうものなら
上を向いて口を開け食べる(苦笑)

昨日今日ときっとたくさんの雪だるまが
つくられたことだろう
おそらく今年の流行りは
お鼻がニンジンのスノーマン(笑)


f0320780_09101508.jpg



そんな寒い夜のヘビーローテはこの絵本
「はたらきもののじょせつしゃけいてぃー」

はい この本 一字一句全部ひらがな(苦笑)
大人にとっては大変読みにくい
でも子供たちには絶大な人気を誇っていた

けいてぃーはキャタピラーなのだが
除雪機を装着すると除雪車に変身
大雪にみまわれ
交通が遮断されライフラインが寸断された
ジェオポリスの町を
ひとりで雪かきをしながらまわり

町中を助ける
そんな縁の下の力持ち的ヒーローのお話
自分の仕事を全うし
最後に何事もなかったかのように
車庫へと帰っていく後ろ姿に
こんなカッコいいオトコになってくれよと
願いを込めながら毎晩読んだものだ


さぁて いいオトコになりつつあるだろうか
ノーコメント(苦笑)



f0320780_09103699.jpg



ファインダーを覗きながら
懐かしい懐かしい思い出がよみがえる
これだから絵本は手放せない

夜になって二男が予備校から
雪の玉を抱えて帰ってきた
「ニンジンちょうだい」
ははは
久しぶりの雪にワクワクするのは
小さい子供だけではないようだ
まあ大人になっても遊び心は大事だよ
人生きっと倍楽しいからね


f0320780_09102829.jpg



二男作 一応オラフ(苦笑)

いいオトコには
まだちょいと時間がかかりそう(爆笑)




この絵本読んだことある方
読んだことないけど
オラフならつくったわという方
是非ポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村
いつもありがとう❤︎






by welcomehome0929 | 2014-12-18 09:21 | child book | Trackback | Comments(4)

思い出をつなぐ

f0320780_16482397.jpg


今朝のリビング
ハロウインパンプキンのオレンジから
クリスマス仕様の赤に衣替えしたクッション

そしてさりげなく でもわざとらしく(笑)
テーブルに置かれた絵本

クリスマスを題材にした本は
やっぱり赤い表紙のものが多い

今の生活に必要ではないけれど
手放せない いや手放したくないもの
実はこれらの絵本たち

おもちゃと同様 絵本にはあふれる思い出

毎晩布団の中で
みんなでごろごろころがりながら
ひたすら睡魔と闘いながら(苦笑)
四人の子供たちにそれぞれ読み聞かせ
なんたって一冊ずつでも小一時間

どの子もお気に入りの本を
何度も繰り返し持ってくる
もういい加減
ストーリーわかっているでしょう
子供の生態は永遠の謎(苦笑)


f0320780_16484907.jpg


そんなわけで
我が家の思い出深い絵本シリーズ

記念すべき第一回は
「サンタクロースと小人たち」


f0320780_16483297.jpg


「オーロラの見える国 
フィンランドのとおい北のはずれに
コルバトントリという山がそびえています」
今でも本の書き出しは見なくても言えちゃう(苦笑)
それほど高リピート率

クリスマスの前になると
サンタの子分の小人たちが
どこによい子がいるか調査にでかける
だから歯みがきや宿題 お母さんのお手伝いを
わすれないように
・・・というママにとってありがたーい一節(笑)

我が子たちも可愛いもので12月になると
どこかから小人が見ているかもしれないと
わざとらしいほどよい子になったりした

クリスマスが終わって
プレゼントを手にした瞬間
魔法はとけてしまうのだけれどね(笑)


f0320780_16490229.jpg


たった一冊から次々出てくる思い出

いつか子供たちがまたその子供たちと
こうして新しい思い出をつくるのだろうか

未来のおばあちゃんはひとりで妄想(苦笑)



この絵本読んだことあれば
いや読んでみたくなったら
是非ポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ
にほんブログ村
どうもありがとう❤

by welcomehome0929 | 2014-12-03 17:37 | child book | Trackback | Comments(2)
帰りたくなる・ほっと一息つける・仲良く集う そんな心地良い住まいと暮らしの提案をとっておきの写真とともに綴ります